« The Second Experiment!その3 | トップページ | The Second Experiment!結論 »

2006/03/26

北朝鮮人権大会に反対するデモ隊!

「北朝鮮を守る!」で書いたデモ隊の活動を見つけました。あまりにも面白かったので、先に記事にします。でもニュースの日付は23日( ^.^)( -.-)( _ _)

「ブリュッセルでウケない韓総連のデモ 」

「すばらしいフェスティバル」「コリアの伝統文化公演グループか」

20060323000008142「ノー・ウォー、ノー・ブッシュ(No war, No Bush)…ノー・ウォー、ノー・ブッシュ」

 21日午後、ベルギーのブリュッセルブックス通りの証券取引所建物の前で、おそろいの黄色いチョッキを着た6人の韓国の若者が、間欠的にスローガンを叫んだ。若者たちは22日、ブリュッセルで開かれる北朝鮮人権大会を「阻止する」デモを行うため、その前日11時間30分間、飛行機に乗ってブリュッセルに到着した。

 若者たちは、ブリュッセル市民たちにチラシを配っていた。街のゴミ箱に、地下鉄のエスカレーターにチラシが捨てられていた。チラシには英語とフランス語で「韓国は60年前に独立したものの、米国は依然として韓国を占領している」とあった。

 ある市民が、若者からチラシを受け取ると同時に、きちんと折りたたんだ。「捨てるのも何だし…東洋人からもらったので、記念品です」。彼は「コリア、私もよく知っている。コリアのサッカーチームはすばらしい」と話した。彼が韓半島(朝鮮半島)が南側と北側で分断されていることも知らなかった。

 30分後、若者たちに3人のベルギーの警官が近づいた。「あなたたちが集会すると届け出たのは、この通りの向かい側だ。ここではチラシを配ることはできない。われわれがここに戻ってくるまでに、あなたたちはここを離れなければならない」。若者たちはどうしようか迷ったあげく、やがて通りの向こう側に移動した。

 同日午後4時、韓国からきた海外デモ隊は、道端で韓国伝統の音楽公演などを披露するパフォーマンスを行った。そしてデモ隊は米国の覇権主義を批判し、在韓米軍の撤退を呼びかけた。

 パフォーマンスの司会者は、デモ隊員に「ブリュッセルの市民たちは、私たちの呼びかけにも特に反応がありません。私たちのようなスタイルのデモに接したことが一度もないため、皆が当惑しているようです。同志の皆様、韓国の集会・デモの文化を世界にアピールするという誇りを持ちましょう」と叫んだ。司会者のこの言葉は、ベルギー人には通訳されなかった。

 一部の市民は、携帯電話を取り出して、韓国からきたデモ隊のパフォーマンスの写真を撮っていた。ペルフォルジェさん(62)は、「すばらしいフェスティバル」と語った。彼は、「
コリアの伝統文化公演グループか」と聞いた。

 デモ隊の代表を務めるハン・サンリョル統一連帯常任議長は、「私たちがここまできたという経験が重要ではないか」と述べた。デモ隊は1人当たり130万ウォンの経費をかけてブリュッセルを訪ねた。総費用は1億ウォン以上だ。

朝鮮日報

 

ツッコミ所満載です(大笑)

韓国は60年前に独立したものの、米国は依然として韓国を占領している

↑ 米国に占領されてるのなら、独立してないのでは?w

「韓国の集会・デモの文化」

↑ デモや集会は文化ではありません。それに祭りだと思われてますww

、「すばらしいフェスティバル」「コリアの伝統文化公演グループか

↑ ナイスコメントwww

「enjoy korea」に投稿してみました。私よりこちらのコメントの方が面白いです(笑) 韓国人からも非難されてます。

対比するためにいい記事を♪

「ドイツ音楽コンクールで韓国人姉妹が1位」

20060323000014138 全ドイツ青少年音楽コンクール(Jugend musiziert)で韓国人姉妹が2部門でそろって1位を獲得した。ドイツベルリンに住むイ・ファンヒ(15/写真左)さんとイ・ウンビ(14)さんは19日に行われた同コンクールのクラリネット部門とオーボエ部門でそれぞれ1位になった。

 ドイツ連邦大統領が後援しドイツ連邦音楽委員会が主管する同コンクールは、ドイツ内で最も権威のある青少年対象の音楽コンクールとして認められている。

 審査委員らは本選の演奏で満点を獲得したイ・ファンヒさんの演奏について「表現力が豊かで音色が美しい」、イ・ウンビさんに対しては「基礎がしっかりしている。今後発展の可能性が見える」と評価した。2002年にドイツに渡ったこの姉妹は、現地の音楽小学校を卒業し、現在はバッハ音楽中学校に通っている。

朝鮮日報

いいですね。すばらしい。かわいいし、美人姉妹と言っちゃいましょう(#^_^#)ポッ..

こういうのが文化のアピールです。もっと頑張って欲しいですね♪

最後に北朝鮮人権大会に関する、韓国での記事です。

『欧州議会「EUの対北支援、人権問題と連携」』

 北朝鮮の人権状況の改善を叫ぶ国際的圧力が高くなっている。22日、EU(欧州連合)本部のあるベルギー・ブリュッセルで行われた「北朝鮮人権大会」を機に、欧州議会はEUの対北人道的支援を北朝鮮人権問題と連携するなど、条件付の支援を積極的に進めることにした。また、23日午後には欧州議会で史上初の北朝鮮人権聴聞会が行われる。

 米国とヨーロッパの市民団体が主導したこの日の「北朝鮮人権大会」で、欧州議会内の韓半島委員会副委員長であるイシュトバン・セント・イバニ(ハンガリー)議員は、「これまで欧州議会は北朝鮮の人権問題に消極的だったが、今回その深刻性を切実に感じた」と話した。

 また、「韓国政府のように北朝鮮に無条件的に支援することに反対する」とし、「EUの人道的支援は北朝鮮住民と政治犯収容所に閉じ込められた政治犯に与えられるべきであり、EUレベルで行われる対北支援を監視し、統制することを希望する」と話した。

 斉賀富美子日本人権担当大使は「拉致者の問題は日本の国家政策で最優先順位」とし、「北朝鮮の人権問題は国際社会が共同で解決すべき」と話した。また、脱北者出身のカン・チョルファン朝鮮日報記者は、「北朝鮮は韓国政府の無条件的な支援を悪用している」とし、「韓国政府の単独支援を中断し、国際社会全体の支援に単一化すべき」と話した。

 今回の「北朝鮮人権大会」はEU執行委員会のあるヨーロッパの首都ブリュッセルで行われたという点で特に意味が大きい。大会に参加した人権団体らは23日、北朝鮮の人権改善のための国際的連帯を強化する「ブリュッセル宣言」を採択する。

 一方、北朝鮮人権大会が行われる間、韓国大学総学生会連合(韓総連)統一連帯の会員100人余で構成された「韓半島(朝鮮半島)自主と統一のための国際平和遠征隊」はブリュッセル市内各地と大学などで反米宣伝戦を繰り広げた。

朝鮮日報

北朝鮮に対する非難がEUでも高まっており、それにつれて支援する韓国への非難も高まっているようです。

つまり彼ら、「韓半島(朝鮮半島)自主と統一のための国際平和遠征隊」は、朝鮮半島のことに口出しするな、と文句を言いに言ってるわけですね。

すばらしい、頑張れ!朝鮮半島の未来は君達に懸かっている。半島統一のために他国からの内政干渉を防ぎ、真の平和を掴み取れ!

そして、間違っても日本に支援を求めるんじゃないぞ(笑)

なんか、朝鮮半島関連のニュースを見てると飽きません。これからも時々ネタ記事を参照させてもらいたいと思います。

参照は「朝鮮日報」でした。

|

« The Second Experiment!その3 | トップページ | The Second Experiment!結論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/9262537

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮人権大会に反対するデモ隊!:

» 現役ホストが教える女の食い潰し方 [現役ホストが教える女の食い潰し方]
アンタ達、女の食い潰し方知ってる?もし知らないなら俺のブログを読め!!俺が撮った無修正写真やら、ホスト仲間と乱交した時撮ったムービーやらも沢山載せてるからよかったら見てくれ!!モバイル専用のモロ画像館も製作中!! [続きを読む]

受信: 2006/03/29 08:29

« The Second Experiment!その3 | トップページ | The Second Experiment!結論 »