« The First Experiment! | トップページ | The Second Experiment! »

2006/03/21

北朝鮮を守る!

朝鮮日報を読んでて、気になったネタ記事を3つほど。

まず最初に。

北朝鮮人権大会に反対するデモ隊、ヨーロッパに向け出発 

 韓国大学総学生会総連盟、統一連帯の会員など、およそ80人で構成された「韓半島(朝鮮半島)の自主と統一のための国際平和遠征隊」がヨーロッパ議会の周辺で各種集会と行事を開くため20日午前出国した。

 一行はベルギーのブリュッセル現地で、米国の人権団体フリーダム・ハウスが主催する第3回北朝鮮人権国際大会とヨーロッパ議会の北朝鮮人権聴聞会に対抗し、米国の人権覇権政策を糾弾し、韓半島の自主と平和のための集会・デモを開催するとしている。

 同遠征隊は、20人の現地在住の韓国人とともに、ヨーロッパ議会を訪問し、遠征隊の主張が盛り込まれた意見書を伝え、「米軍の韓国国民虐殺」「在韓米軍による犯罪写真展」「米国の人権じゅうりん写真パレード」などを行う一方、ブリュッセルの米国大使館の前で、糾弾大会も行う予定だ。

 出国に先立って同遠征隊は、「私たちは、韓半島の平和体制樹立の妨害要因が、米国による北朝鮮に対する敵対政策であることらせ、反米の声を伝える予定」と明らかにした。

 同遠征隊が、出国に際して行事を行う過程で、自由ネットや北朝鮮民主化運動本部などの保守団体の会員6人が、プラカードを手にして「統一連帯などのベルギー遠征デモ隊糾弾」を叫び、双方が軽い小競り合いが起きた。

 北朝鮮民主化運動本部のパク・サンハク事務局長は、「金正日(キム・ジョンイル)体制の下で餓死している北朝鮮の同胞の人権状況を改善するための活動を支持しないだけならまだしも、ヨーロッパにまで渡って妨害する行動に怒りが禁じえない」とし、「被害者の味方であるべきであるのに、なぜ加害者に肩入れするのか」と非難した。

朝鮮日報

何がしたいのでしょうか、彼らは?

6カ国協議で北朝鮮寄りの発言ばかり繰り返し、孤立している政府の状況を後押ししてるのかな?

韓半島の平和体制樹立の妨害要因が、米国による北朝鮮に対する敵対政策」

これに至ってはなにをかいわんや。

韓国に攻め込んだのはいったいどこ?その時助けてくれたのは?未だに戦争終結宣言が出てないのは何故?

自国でやるなら勝手にしてくれ、だが、他国にまで行って行うその神経が理解不能。

アメリカ・ヨーロッパ側の対応が楽しみです。

では2つ目♪

拉北者という表現使った」 北、離散家族対面の放送阻止 
 
 北朝鮮が20日、金剛山離散家族対面行事を取材していた韓国メディアの放送テープに「拉北者」、「だ捕」などの表現があるという理由で放送の送出を中断させた。

 北側は今回の対面行事で、1969年延坪島でだ捕されたシンソン号の船員チョン・ムンソクさんと韓国側に住む妻のソ・スンエさんの対面を取材した韓国側の記者団が放送テープを送出しようとすると、「拉北者」、「だ捕」という単語が放送の内容に含まれているとして放送の送出を阻止した。SBSは「拉北」の代わりに「北で姿を消した」という表現を使い放送送出を試みたが、これも阻止された。これによりKBS、MBC、SBSはこの日の夜のニュースで現地での報道が不可能となった。北朝鮮は昨年11月の離散家族対面行事でも、トンジン号の拉北漁夫と関連した韓国テレビ局の報道内容のうち、拉北者という表現を問題にし、画面への送出を中断させている。

朝鮮日報

日本人の拉致は認めたけど、韓国人の拉致は認めない。それに関した言葉を使うことも認めない。

北朝鮮は韓国を自分たちの領土と見てるってことですね。そのうち国ごと拉致されるかも・・・そしたら念願の祖国統一が果たせますね。

まあ、韓国人拉致被害者との対面を認めたってこと、これは結構すごいことかもしれない。

では最後に、写真から

guranseiza 日本の特撮、超星神グランセイザーです。

簡単にストーリーを言うと、トライブに認められた勇者が宇宙からの侵略に対して戦う、って事らしいです。

トライブって何だろ?とか思いましたけど(笑)

んで比較写真。

irezaion 宇宙と地球の平和を守り、それぞれ成長していく7人の戦士イレザイオン。

7人の戦士が苦労の末7つの水晶を集めていく。

その先には一体何が・・・

記事の内容です。

大型特撮ドラマ『イレザイオン』撮影スタート

制作費100億ウォンが投入される国内最大級の特撮ドラマ『イレザイオン』の撮影がスタートした。

 20日全羅南道丹陽の竹林で行われた撮影は、ウォルファ、ファサン、スシム、モッキがトゥードゥルズと対決する迫真シーン。イゴンらイレザイオン戦士7人が苦労の末、7つの水晶を手に入れることができるのかに注目が集まる場面だ。

 実写と3Dアニメの合成で制作される『イレザイオン』は、全26話で構成されるドラマ。宇宙と地球の平和を守り、それぞれ成長していく7人の戦士のリアルなアクションシーンのために、7人の戦士たちは撮影を前にトレーニングを受け、撮影に備えてきた。

 『イレザイオン』は7月からCG作業に入り、下半期に放送する予定だ。

『スポーツ朝鮮』

似てません?

判断は各自にお任せします。

参照は『朝鮮日報』でした。

|

« The First Experiment! | トップページ | The Second Experiment! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/9187101

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮を守る!:

» 北朝鮮人権大会、日本は拉致査察実現に向け動け。 [minow175の拉致事件と北朝鮮情勢のブログ]
拉致査察に向けた、北朝鮮を人権面から包囲する世界的な連帯が広がりつつある。拉致事件を許されざる人権侵害事件として、世界的な規模で解決に向けた連帯を強めていく必要があるがその条件は何か・・... [続きを読む]

受信: 2006/03/23 09:24

« The First Experiment! | トップページ | The Second Experiment! »