« 日溜まりの黒猫について | トップページ | I questioned Koreans about the myth. Vol.2  »

2006/05/07

I questioned Koreans about the myth. VOL.1 

実験シリーズ改め、朝鮮人に質問してみたシリーズ!

今回は朝鮮半島に伝わる神話を教えてと聞いてみた。

今回はなかなかいい反応でした。

朝鮮_半島に伝わる神話を教えて下さい(゜)(。。)ペコッ

さて、ここからが本題です。

朝鮮_半島は、何と半万年の歴史があるそうですね。おっと、今は九千年だったかな。どちらにせよ、世界最古といわれる四大文明より古くから歴史を刻んできているわけですね。

すごいです。たかだが2600年(皇紀によると)しか歴史のない日本から見るととても羨ましいです。

半万年の歴史(9000年)を誇る朝鮮_半島ですから、世界誕生を含む立派な神話が、体系づけられて残っているものと思います

当然、神話を基にしたすばらしい宗教もあるでしょう。

これを私に教えていただけませんか?

それを知れば、朝鮮の方に対する理解を深めるのにとても役に立ちます。

よろしくお願いしますm(__)m

なお檀君神話はすでに知ってますので、この話は遠慮します。

最初に日本神話や宗教発生に関する私の考えを書いてますが、スルーして下さいw

コメントでの回答は無かったのですが、別スレを立ててくれました。

[Re]大宗教 [大〓教]

本文

根本教理は姓() ・人() ・情()の三真帰一()果枝() ・栗(調) ・金()の 3法だ.大宗教は宗教で出発したがその時期がすぐ日製()が韓国を強点()する時であったので, 宗教としてよりは抗日独立運動にもっと多い貢献をしたと見られる. 教祖() ナチョル(:1863〜1916)は日本の韓国に対する干渉と強迫がますますひどくなるとこれを抗議しようと 3次にわたって渡日()したが志を果たすことができずに帰国して救国運動が何人の愛国正客だけでは成ることができないことをつくづくと感じるようになった.ここで彼は国家の基礎を丈夫にして民族を復興させる原動力は民族意識を悟らせるのにあると報告, 1909年同志 呉基燕() など 10人と一緒に ソウル特別市 鍾路区 才童()から ‘檀君大黄組神位()’の面倒を見て <檀君海外同胞人で()>を公布することで高麗時代モンゴルの侵略以後 700年間断絶された国鳥檀君を崇仰する檀君校を創始こんにちはだった.

示教()韓紙 1年ぶりの 1910年, 教徒数は 2万名余で増えたし, 校名を ‘大宗教’で改称する一方, 同年満洲 北間島()に支社()を設置してから, 1914年には大宗教本社()をこちらに移して布教領域を国内と満洲一帯に拡大させた.1916年ナチョルが死ぬと第2歳教主ギムホン()が就任したが, 彼は大宗教のゾングリ()だと言える 《神棚実技()》と 《神棚民事()》を著わして, 3 ・1運動以後満洲に入って行く同胞たちを抱きこんで彼らにとって抗日救国運動に音頭を取るようにした.その実例で 1920年日本軍を大きく打ち破った 青山里戦闘()の主役だった 北路軍政署()の将兵大部分が大宗教人だった.1948年ギムホンが死ぬ頃には韓国 ・満洲 ・老令() ・中国本土などに 48個の示教だ()を持っていた. 一方, 日帝の弾圧がますますひどくなって 3歳教主 尹世復()が就任した以後多い教人が逮捕 ・虐殺されたし, 1932年至ったところ 満洲国の誕生とともに大宗教も地下で隠れざるを得なくなったが, 1937年示教当たりの数価 52個で増加した. このような布教活動はすなわち 独立運動の一環だったので教勢拡張はすぐ独立運動の拡大でもあった.

簡単な要約。

日本併合時、教祖ナチョルが日本に抗議した。しかし受け入れられなかったので、民族独立、民族統合のため檀君神話を基に、檀君教を作った。これは元の支配以来700年ぶりのことであった。

1910年に教徒は2万人を越え、名を大宗教へと変更した。その後3.1運動などを起こしたが、満州国の誕生と共に衰退し、隠れて布教を行うようになった。この運動・布教活動は日本からの朝鮮独立運動の一環であった。

ってなところでしょう。

さて、賢明なる方はお気づきでしょう。

彼は立派な資料を探してきてくれました。

わざわざスレッドを立ててくれました。

しかし、私の質問には答えてくれてませんwww

私の質問は朝鮮半島に伝わる、世界創世を含む神話です。

おそらくほぼすべての民族の神話には世界創世があるでしょう。

これはおそらく、自分たちの出自を明確にしようという無意識の現われではないかと、私なりに愚考してますが…

実は檀君神話は朝鮮民族の創世が描かれているのですが………初っぱなから帝釈天が出てきます!

帝釈天って仏教の神、さらには雷霆神インドラと同一視されてます。

どちらも朝鮮とは関係ないですね。だから、朝鮮の創世神話とは、認められません。

さて檀君神話についてですが、これは月見櫓を参照して下さるとわかりやすいです。

私もこれを読んで初めて知りました。

檀君神話をご存知ですか?Vol.1

檀君神話をご存知ですか?Vol.2

檀君神話をご存知ですか?Vol.3

檀君神話をご存知ですか?Vol.4

管理人fetiaさんの考察もあり、読み応えのある内容となっております。

短いのがウィキペディア(Wikipedia)にもありますので、こちらもどうぞ。

檀君朝鮮

はっきりと「韓国・北朝鮮を除いては歴史的存在と見なされていない」と書かれていますw

答えとしてスレッドを立ててくれた韓国人には悪いのですが、「檀君神話は遠慮します」と書いてあるのにも関わらず、檀君を基にした宗教、それも日韓併合時代に誕生した宗教を出す所が何とも言えず……www

たぶんVOL.4まで続きます。

人気ブログランキング バナーの貼り方がわかりません。誰か教えて(・_・、)

|

« 日溜まりの黒猫について | トップページ | I questioned Koreans about the myth. Vol.2  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/9947744

この記事へのトラックバック一覧です: I questioned Koreans about the myth. VOL.1 :

» 完全無料のライブチャット登場!!載 [Dえんじぇる]
完全無料のライブチャット登場!!絶大なる人気を誇るRukkoちゃんが遂に!!チャット中の映像を後悔しても良いと許可が下りました★チャットシーンからドキドキするようなやりとりを大公開致します!!! [続きを読む]

受信: 2006/05/12 03:07

« 日溜まりの黒猫について | トップページ | I questioned Koreans about the myth. Vol.2  »