« 黒猫の望み(=^..^=)ミャア | トップページ | 拉北者に会わせろ、でも返さなくてもいいニダ\<`∀´メ> »

2006/06/26

I questioned Koreans about theView of life and death!

ようやくの更新です。

今まで確認してくれていた方々、申し訳ありません&ありがとうございますm(__)m

いつものエントリーに戻る前に意味不明のものを入れてみましたが、どんなもんでしょう?(笑)

ま、軽いお遊びということでw

普段通りの種別ですと、朝鮮関連ニュースが一番楽です。何せ新聞記事チェックして、気になったものにコメントつけてるだけですからw

次が日韓チャット関連。粘ってればネタに事欠きませんw

面倒なのが日韓掲示板と考察系。

どちらも頭を使い、いろいろひねくり回さないと結論が出ません。

というわけで復帰第一弾は(第二弾だろうって?気にしなさんなw)、日韓掲示板で行ってみます。

質問シリーズ第2弾とも言いますw

韓国人に死生観について聞いてみた!

原題は「幸若舞 『敦盛』」です。

人間五十年 下天の内をくらぶれば 

夢幻の如くなり 

ひとたび生を得て 滅せぬ者の有るべきか

「敦盛」という能の唄です。

元々は源平合戦時(900年位前)に若くして亡くなった「平 敦盛(たいらのあつもり)」を悼んで作られた能舞だそうです。

「平 敦盛」は元服(15歳位)後、すぐに戦場に出て戦死してしまい生の儚さを唄ったもの、とされています。

この歌が有名になったのは戦国時代(500年位前)の武将「織田信長」が好んで舞ったからだそうですが、日本人の死生観を表したいい唄だと私は思ってます。

うまく翻訳できてればいいのですが、念のため口語体にしてみます。

「人間五十年 世界を見渡してみても

夢か幻のようだ

一度生まれてきた者で 死なない者がいるだろうか」

言葉を変えただけですので、意味は変わってないと思いますが、ツッコミ等はご容赦をw

さて、尋ねたいのは以下の2つ。

韓国にも、韓国人の死生観を表した歌や詩はありますか?

この唄は900年近く残っているものですが、韓国にも数百年残っている歌や詩がありますか?

とても優秀だと自認する韓国の方ですから、さぞかし素晴らしい詩を紹介してくれるものと、楽しみに待ってます。

お願いしますね(^^)

では回答集、行ってみます。

karappodayo 貧しくてないですが

貧しいと詩とかは生まれないものでしょうか?詩人ではない私にはよくわかりませんが、石川啄木とか貧しくてもいい詩(短歌かなw)を残した人も結構いますよね。

darshan 一手に棒を握ってまた一手には刺を握って老ける汲む刺で阻んで来る白髪を幕どおり打とうと思ったら白髪が私が先に分かって近道に来るね. 禹倬, 1263 ‾ 1342

おそらくは詩歌なんでしょうが、翻訳変です。意味不明。

で、ググって見ました。すると、旅行ガイドの中にこんなのが!

http://www.lifeinkorea.com/cgi-bin/travel2j.cfm?TravelID=85

嘆老歌
棒と刺とを 両の手に持ち
老け道を刺で防ぎ 来る白髪を棒で打ち下ろすと
白髪が近道して来ていたよ

どうも、もとはこの詩みたいですね。禹倬と言う人は句碑も建っており、韓国では有名な詩人さんのもよう。

しかしヒットするのはハングル語のサイトばっかで、日本語サイトは2つしかない。どんな人かはわかりませんでした。

carpe2004

生死路隠此矣有阿米次 兮伊遣吾隠去内如辞叱都毛如云遣去内尼叱古於内秋察早隠風未此矣彼矣浮良落尸葉如一等隠枝良出古去奴隠処毛冬乎丁阿也 彌陀刹良逢乎吾

漢詩はいいのだが……どこで切るのやらw 

これでは読めませーんヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー

そしたら訳がでました。

carpe2004

生と死の分かれ道は ここにあるのに恐れながら ¥'私は行きます¥'という言葉も まだ終えることができずに (彼の世で)行ったか? オヌ秋早い望むに あちこち落ちる木の葉のように 同じ種で出て 行く所をモルヌングや. あ! ミタチァルで (お前を)会ってみるようになる私 度を磨いて (また会う日を) 待つ

なおさらわからん。(・_・ )ノ""    ゜ さじポイッ

名指しでスレ立てのご返事もありました。

blackcat2000さんに 

ここで紹介されたのがこの漢詩です。

絶命詩    -黄〓

鳥獣哀鳴海岳〓
槿花世界已沈淪

秋燈掩巻懐千古
難作人間識字人

訳そうと思いましたが、その前にググるとありました。

http://www.geocities.jp/kanshi44/kanshi/han023.htm

絶命詩   黄 王玄

 鳥獣哀鳴海岳頻  鳥獣も嘆き悲しみ大地も眉をひそめ
 槿花世界已沈倫  
我らの世界はすでに沈んでしまった。
 秋燈掩巻懐千古  
秋の日、本をたたんで千古の昔を思う
 難作人間識字人  
この世に人の道のわかるものはいないのか。

だそうです。

日本に併合され、国が亡くなる事を嘆き悲しんだ詩のようですが…うーむ。

その後服毒自殺したと言う事で、大韓帝国にも殉死する人がいたんですね。

日本で言う「辞世の句」みたいなもののようですが、どうも嘆き悲しみ、恨んでるだけって感じがして、死生観とは関係ないみたい。

「敦盛」と比べて欲しくない、というのが正直なところw

しかし、杜甫の詩の方がよっぽど切なく感じます。

春望   杜甫

 国敗山河在     国破れて 山河あり
 城春草木深     城春にして 草木深し
 感時花濺涙     時に感じては 花にも涙を濺(そそ)ぎ
 恨別鳥驚心     別れを恨んでは 鳥にも心を驚かす
 烽火連三月     烽火 三月に連なり
 家書抵万金     家書 万金に抵(あ)たる
 白頭掻更短     白頭 掻けば更に短く
 渾欲不勝簪     渾(すべ)て 簪(しん)に勝(た)えざらんと欲す

世の無常がひしひしと伝わってきます。

やっぱこっちの方がいいやw

ところで質問は2つしたのですが、答えてくれたのは一つ目だけ。

一応「禹倬」1200年代の人らしいですが、よくわからないし、引用した韓国人自身も詳しい事は知らないみたい。

まあ、まともに質問に答えてくれたので良ししますか。

しかし、「敦盛」に始まって、杜甫で終わるって、いったい何なんだこの結論はwww

日本人のコメントで最後は締めましょう。

敦盛に懲りて、膾を吹く、、、、

何なんだこりぁww

人気ブログランキングへ ← 聞けば韓国にも古い詩歌が残ってるんだねぇと思った人はクリックして考え直しましょうw

|

« 黒猫の望み(=^..^=)ミャア | トップページ | 拉北者に会わせろ、でも返さなくてもいいニダ\<`∀´メ> »

コメント

「旅行ガイド」をキーワードに飛んできました。

優秀だと自認する韓国…隣国なのに未だに理解できない方達ですよね。
その根拠のない自信はドコから???日本人はもっと自信を持つべきだと思うけど。

投稿: パースのペケ | 2006/06/27 14:04

おー 復帰してる!
新しい切り口試してますね
訳がわからんけど半島にもマトモな詩があるみたいでよかった・・・
と思う私は親韓なのか

投稿: daikichi1966 | 2006/06/27 22:34

バースのペケさんへ
TBとコメント同時にありがとうございます。
そちらのブログもゆっくり見させてもらいますね。

自信に関しては、確かに日本人はもっと自信を持つべきですね。
国際貢献度なんか世界でも指折りなんですから。

ただ韓国人の根拠のない自信なんですか、どうも劣等感の裏返しではないかと日韓チャットで話した事があります。
世界に誇るものがない劣等感 → 認めたくないから空威張り → 自信があるように見える態度をとり続け → 自分は優秀だと思いこみ自慢する
ってことではないかと。
あ、これってエントリーで使うネタだったw

投稿: blackcat | 2006/06/28 09:39

daikichi1966さんへ

どうもご無沙汰しておりました。
いろいろ試してるというより、思い付いた事をやってるだけなんですけどねw

親韓派より嫌韓派の方が韓国について詳しいんですよね。
真の友好は互いのことをよく知る事から、って意味では嫌韓派の方が友好を深めようとして努力している、とも言えなくもないんですよ。
決して認めないでしょうがw
あ、これもエントリーのネタのひとつだww

チャットでまたお会いしましょうね。

投稿: blackcat | 2006/06/28 09:52

I received my first credit loans when I was not very old and that supported me very much. However, I require the college loan once more time.

投稿: KristaDavid35 | 2012/01/13 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/10688802

この記事へのトラックバック一覧です: I questioned Koreans about theView of life and death! :

» 旅行ガイド 「Phaic Tan」 [TimTamなアノコロ]
爆笑の渦に巻き込んでくれる本に出会ったわ。人生観変ワリマシタ。 その本は、旅ガイドブック「Phaic Tan」 簡単に説明すると、海外旅行したコトある人なら「地球の歩き方」を読んだことはあるでしょ?オーストラリアにもあってLonely Planetって言うのね。たぶんこっちが本家。それととても似てる本でJetlag Travel Book社が出版してるの。東南アジアにあるPhaic Tanっていう国に旅行するための様々は口コミ情報が載ってるんだけど、超可笑しいの。 例えば、歴史... [続きを読む]

受信: 2006/06/27 14:05

« 黒猫の望み(=^..^=)ミャア | トップページ | 拉北者に会わせろ、でも返さなくてもいいニダ\<`∀´メ> »