« I questioned Koreans about theView of life and death! | トップページ | 将軍様が話していいと言ったのはこれだけです。 »

2006/06/28

拉北者に会わせろ、でも返さなくてもいいニダ\<`∀´メ>

基本的に休止中の話題には触れずにおこうと思ってました。

WCとか、WCの誤審問題とか、サイバーテロとか、居直り強盗のミサイル問題とかetc,etc……

あげてみるとすごい美味しいネタばっかだw

で、これもそのひとつで、終了後に書くつもりでしたが、やはり見逃せない、というか言いたい事ありまくり、なわけで、拉致問題関連です。

金英男さんの家族、日本メディアの取材拒否を表明  2006/6/26 YONHAPNEWS

拉北者家族の会の崔成竜(チェ・ソンヨン)代表は25日、「金さんの姉をはじめとする家族らは、日本が拉致問題を政治化することに大きく失望した」とし、今後日本のメディアとのインタビューや取材には応じない方針を伝えた。崔代表によると、母親の崔桂月(チェ・ゲウォル)さんら家族は先月29日に日本の衆議院拉致問題特別委員会の聴聞会に参考人として出席した際にも、拉致問題を北朝鮮に圧力をかけるために政治的に利用していると感じたという。日本側は北朝鮮に行くなというトーンだったと批難した

 拉北者家族の会は8日に記者会見を開き、日本側の団体とはこれ以上連携しない姿勢を明らかにしている。

 崔代表は、金さんの家族は面会場所は問わないとしており、第三国での面会を主張する日本と食い違いがあることを示唆した。ただ、横田めぐみさんの家族とは今後も連絡を取り合う計画だと述べた。

 金さん一家は28~30日に金剛山で再会する予定。(一部抜粋)

一国家が命じ、主導したことはその時点で国家間の問題、すなわち政治問題です。

民間がいくらがんばろうとも、相手政府が会話を拒む以上、民間でできることには限界があります。故に対等の会話をなすには国家が動く必要があります。

しかし、彼らは「金 英男」氏の生存をどこの国が確認したのか早くも忘れているようですね。そしてどこの国がその動きに反するような行動をしていたのかも。

横田さん一家はこんなことを言う連中とは活動においては袂を分かつべきでしょう。ただし姻戚関係としては話は別ですがね。

------------------------------------------------------------------------------------

で、今日が再会予定の日ということで朝からテレビでもいっぱいやってますね。

金氏の母親が心境を語っています。

金英男さんの母、再会直前の心境語る  2006/6/28 朝鮮日報

「怖いくらい幸せです。からだが震えてしまいます。」

 28年ぶりの息子との再会。80歳を越した老母は興奮を隠せない様子だった。

 第14回南北離散家族対面行事を翌日に控えた27日。老母は全羅北道の自宅を出る前も、金剛山行きの遊覧船が出発する束草に到着してからも、しきりに時計に目をやっていた。

 1978年に全羅北道群山近郊の仙遊島から北朝鮮へ拉致された金英男(キム・ヨンナム)さん(当時17歳)の母、崔桂月(チェ・ゲウォル)さん(82)。

 「息子に会いに行くのだから、きれいにして行かなくちゃ。ピンク色の韓服(民族衣装)も新調しました。大勢の目に触れる場所で息子が恥ずかしい思いをしないように…」

 崔さんは紫色の花柄がプリントされたTシャツに白いジャケット、青いズボンで装っていたが、顔色には疲労が表れていた。

 「あまり体調がよくないんです。眠れないし、食事ものどを通りません。それでも息子に会えるのだから、薬を飲みながらしのいでいるところです。死ぬ前に息子の顔は見なくては

 娘の英子(ヨンジャ)さん(48)は、「母がこのところまったく寝付けない様子で、睡眠剤を服用するので、よくないと思って薬を片付けてしまいました」とし、「食事を口にしないので、点滴を打っているのですが、話すことといえば『なぜこんなに時間が進むのが遅いのか』といった内容ばかりです」と話した。

 崔さんは「昨夜は横になったけれど、あれやこれや考え事をしてしまい、一睡もできませんでした。会ったらどんな話をすればいいのか、どんな暮らしをしてきたのか? 末っ子が死んだとばかり思って、嘆きながら亡くなった主人のことも考えました。生きていたら一緒に会えただろうに…」と涙をふいた。

 だがその崔さんも、息子と孫娘のヘギョン(18)さんへの贈り物を取り出して見せたときには明るく笑った。

 「幼かった頃、わたしが服を着せていたことを思い出して、下着は必ず買おうと思いました。これから暑くなるから白い麻の下着を買ったんですよ」

 このほかにも襟付きのシャツや、Tシャツ、時計、栄養剤・消化剤などの常備薬、マルボロのタバコなど赤色、青色の包装紙に包まれた贈り物がカバンいっぱいに詰められていた。崔さんは「本当はほかにもっとやりたいと思うものがいっぱいあるのだけど」と言い、また目がしらを赤くした。

 英子さんは「父も1日に二箱吸うほどの愛煙家だったけれど、弟も愛煙家だと聞いたのでタバコを買いました。マルボロを好んで吸っているとのことだったので、それを買いました。韓国のものではないけれど理解してください」と話した。

 また大学生になった孫娘ヘギョンさんのためにハンドバッグと化粧品、ヘアピン、ヘアーバンドを準備した。親子おそろいのピンク色のTシャツも準備した。また横田めぐみさんが亡くなってから再婚したという妻との間に生まれた孫のためには鉛筆削りやノートを準備した。

 崔さんは「あのとき英男も高校生だったけど…。孫も学校に通っているというから、文房具を買おうと思いました」と言い、また涙を流した。

 また崔さんは4人の息子・娘と一緒に撮った家族写真も準備した。息子がいつも見ることを願って大きく引き伸ばし、額縁まで作った。

 崔さんは英男さんが好きだったというおこわも注文した。崔さんは「本当はわたしが作って持って行きたいけれど、傷んでしまいそうなので束草の店に注文しました。英男が一番好きだった弁当のおかずは目玉焼きで、焼き肉も好物でした…。わたしのそばに1泊させて、手作りの料理を食べさせてやれたらどんなにいいか」と話した。

 午前9時30分に自宅を出発し、遊覧船が出航する束草まで6時間を移動した崔さんは、束草の宿に着くとベッドに横になって点滴を受けた。それでも笑顔は消えなかった。

 「生きていてよかった…。英男の顔を見られるんだから

 崔さんは28日の午前に宿を出発して午後1時に金剛山の離散家族対面会場に到着し、午後から2時間、夢にまで見ていた息子との再会を果たす

「この喜びが永遠に続きますように…」    2006/6/27 朝鮮日報

27日午前、北朝鮮に拉致された息子・金英男(キム・ヨンナム)さんに28年ぶりで再会するため金剛山へ出発する前、全羅北道全州市湖城洞の自宅で「息子に会ったらしっかりと抱きしめてやりたい」と語る母親の崔桂月(チェ・ゲウォル)さん(82)。右は娘の英子(ヨンジャ)さん

…………………………おわかりいただけますか?

愛する家族を突然奪われ、その消息すらしれない生活、その悲しみ嘆きは想像に難くないですし、応援したくなるものでもあります。

拉北者って、北朝鮮に誘拐された人のことです。

つまり、この家族は誘拐犯に「一目息子に会わせてくれ」と訴えていますが、決して「返してくれ」とは言ってないのです。

あまつさえ「わたしのそばに1泊させて、手作りの料理を食べさせてやれたらどんなにいいか」と言っています。

彼らの望みは誘拐された家族と一緒に暮らす事ではないのでしょうか?

たった1泊、一緒に過ごせば、満足なのでしょうか?

約26年もの間無理矢理引き離された家族と1目会い、1泊するだけで十分なのでしょうか?

「返して欲しい」、「共に暮らしたい」というのが心情だと思うのですが、理解できません。

高齢の母親が一目会いたいという気持ちは十分すぎる程理解できますし、その願いは適えてあげたい。が、誘拐犯に被害者を帰せ、と言わないのは不思議を通り越してます。

ここにある種の作為が感じられます。

ひょっとすると「返せ」、「故郷で共に暮らしたい」というコメントはあったのかもしれませんが、削除されたのではないか、と。

あるいは「返せ」とは言ってはいけない、と誰かが言ったのではないか、と。

ここで気になるのが冒頭で引用した「日本は政治的に利用している」という拉北者の会の記事です。

ものすごく不自然に感じないでしょうか?

実は彼らは北朝鮮のプロパガンダに利用されているだけではないのか。

それを韓国政府が後押しし、拉北者の会自体が喧伝しているのではないか。

このことは今日の面会のニュース後に判明すると思います。

金英男氏が「北朝鮮で何不自由なく暮らしてます。いつでも会いに来て下さい。できるなら北朝鮮で一緒に暮らしましょう」と言い、

母親が「会えて嬉しかった。元気なうちにまた会いに来ます」と答え、

報道で「帰ってきて」「韓国で一緒に暮らしたい」という言葉が表明されなかった時、それが意味するものはひとつです。

拉北者の会及び北朝鮮は「拉北者及びその家族を政治的に利用している」ということです。

拉致問題をこれ以上大きくしたくない北朝鮮は金英男氏に必ずや「横田めぐみさんは死亡しました」と言わせるでしょう。

これは国家をあげた壮大な茶番劇に他なりません。

だから、日本の拉致被害者の会は「第3国での面会」にこだわっているのです。

こういった考えはひとまず置くとして、利用されている家族には同情を感じますし、息子に会える母親の喜びにはとりあえず賛同しておきます。

金英男さん親子の対面にヘギョンさんも参加へ  2006/6/27 朝鮮日報

まあ、ヘギョンさんも孫の1人ですから会うのは当然のことかと。

ただ、彼女も「母親は死にました」とか言わされるんでしょうね。嫌だなぁ…

そういやヘギョンは偽名で「ウンギョン」が本名だという話もありますね。どうなんですかね。

もし死亡が事実なら証拠を示せばそれで済むはずなのに、虚偽ばかり伝えるから日本側は信じないのです。信じたくないとも言えますが。

ともあれ、横田さん夫妻の望みが適う日が1日でも早く来るように祈るばかりです。

-------------------------------------------------------------------------------------

韓国にもディズニーランド誕生へ  2006/6/27 朝鮮日報

 李明博(イ・ミョンバク)ソウル市長は26日、「(ディズニーランド誘致の話し合いが)順調に進んでいる」とし、「1年後には工事を開始できると思われる」と話した。これまでソウル市はディズニーランドをソウル大公園の場所に誘致するという方案についてウォルト・ディズニー社側と話し合っているとされていたが、着工の時期まで言及されるほど話し合いに進展があったのは今回が初めてのこと。

 李市長はまた、「韓国ではどんなモデルにするか、非公開的に当事者同士で話し合った」とし、「(ディズニーランド誘致を進めている)上海と韓国は規模も内容も違い、韓国は今回の話し合いで大きな進展を見た」と伝えた。

 ウォルト・ディズニー社は2003年、韓国に3~4カ所の候補地を検討していたが、2004年末にソウル大公園の場所が有力候補として挙げられ、現在、ソウル市と共に妥当性の調査を行っている。これと関連しソウル大公園は、昨年からソウルや京畿道で移転のための敷地を探している。
(一部抜粋)

また言ってる(笑)

確か以前にも同じ事言ってたような………

★厳選!韓国情報★さんのページ。

★<#`Д´> アイゴー!ウリナラの国家代表選手の6割以上が過去にドーピング経験あり!

の中に「■<丶`∀´> 誇らしい!ソウルにもディズニーランドができる見込みニダ!」という記事があるのでご覧になってください。

コピペは自粛w

さて、何日後にディズニー側のコメントがで、いつ撤回記事が出るか今から楽しみですねw

何せ記事内にはディズニー側の発言が何も出ておらず、いつ会談したかも書かれていないのですから、ねぇwww

人気ブログランキングへ ← これで拉北者に関する韓国内での世論が下火になりそうで心配だ、と思う方クリックしてください。

|

« I questioned Koreans about theView of life and death! | トップページ | 将軍様が話していいと言ったのはこれだけです。 »

コメント

負けた韓国チームの抗議でサイバーテロ紛いをして、
FIFAも韓国からのアクセスを遮断したっていう噂は
本当だったのね~。コワヒ

投稿: ペケ | 2006/06/28 15:09

ペケさんへ

いよいよ4強の激突ですね。
そして決勝、眠れぬ夜が続きそうだw

サイバーテロに関しては「厳選!韓国情報」さんのブログが詳しいですよ。
他にも面白い記事が多いですしw

前回大会の反省か、厳格な判定でカード急増って記事もありますねぇw

投稿: blackcat | 2006/06/29 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/10709399

この記事へのトラックバック一覧です: 拉北者に会わせろ、でも返さなくてもいいニダ\<`∀´メ>:

» クレジットカードを作るなら@ディズニー面白情報 [クレジットカードを作るなら@得々情報]
ディズニーランドへは開園当時から良く来ました。少しづつ変わってきています。行く度、今度はにどこが変わったかな?と探しながら歩くのも楽しいものですよ [続きを読む]

受信: 2006/07/06 15:58

« I questioned Koreans about theView of life and death! | トップページ | 将軍様が話していいと言ったのはこれだけです。 »