« 「同行二人」 8日目 その① | トップページ | 同行二人番外「史跡 朝鮮国女の墓」 »

2006/08/27

「同行二人」 8日目 その②

それは39番延光寺の納経所での出来事だった。

黒猫 「お願いします(゚)(。。)ペコッ」 納経帳を差し出す。

おばちゃん 「これどこに書くんかな、えーと。ああ、これ八十八カ所用じゃないね」

黒猫 (゜◇゜)ガーン

おばちゃん 「半分も書けないし、後2カ所で終わりでしょ、この帳面。予備持ってる?」

黒猫 「いえ…できれば同じものが欲しいなと。1番札所で買った奴だし、同じ物なら…ごにょごにょ」

おばちゃん 「これ確かもう売ってないよ。小さい物は書きづらいということで、ね」

黒猫 (゜◇゜)ガガガガーン

おばちゃん 「そこにあるけど…どうする?」

黒猫 「………書けるとこまで行って考えます。同じのがあれば買うし、なかったら1番に行こうかと……」

おばちゃん 「そーう。頑張ってね」

黒猫 「(消え入りそうな声で)はい」

なんと1番札所で買った納経帳は、実は八十八カ所用の物ではなかったという驚愕の事実!

いえね、じつは何となく気づいてたんですよ。これ、半分の四十四カ所も書けないんじゃないか、と。けど、どこかで売ってるだろうと思いこんで、ひたすら走ってたんですよ。

事実に直面したくなくて、先延ばししてたんですよね。(人、これを現実逃避という)

チィィィィィクゥショォォォォォォォオオオオオオオオオ!(小梅太夫風にw)

なんで1番札所で八十八カ所用以外のが売ってんだよぉ(T^T)

心定まらぬまま、黒猫は泣きながら40番札所へと向かった(;>_<;)ビェェン

---------------------------------------------------

第40番 平城山 観自在寺

Dsc00162 愛媛県最初のお寺である。

山門(とか言いながら平地にある)の前に駐車場があったので良かったのだが、その前の道は普通車1台通るのやっとの細道で、ひやひやものだったw

Dsc00163 本堂の様子。

手前になんか写ってます。

何でしょう?

Dsc00164 かえるさんでしたw

「学びかえる」

一、親子孫と三かえる

一、お金かかえる

一、福かかえる

一、病気が引(ひき)かえる

だそうな。

納経をすまし、次へと向かう。

うう、ここでも目的の納経帳は売ってない。本物はあるがw

次だ。次に行ってから考えよう。

問題を先延ばしにする黒猫であったw

第41番 稲荷山 龍光寺

Dsc00165 着いた。

ここまで来てようやく心が決まる。

売ってたら、何でもいいので納経帳を買おう。

まだ3時ぐらいだし、ここ(宇和島市)の近辺にはいくつか並んでお寺がある。またここまで来るのはしんどい。

Dsc00166 そうして参拝する。

納経所へ向かう。

キョロキョロする。

ヽ(´・`)ノ  フッ…(笑)

お坊さん 「予備はあるの?」

黒猫 「………ないです(半鳴き声で)」

売ってなかったーーーーー!

Dsc00167 空は青いなぁ…

なのになぜ私の心には雨が降ってるのだろう?

などと思ってたら、この後雷と雨に襲われました。

合掌(-人-)ナームー...

-----------------------------------------------------

番外 松山の夜

悩んだ。本当に悩んだ。

引き返そうか、それとも次に納経帳が売ってることを信じて、42番札所へ向かうか。

しかし、次の寺に行ってもし売ってなかったら、その時の精神的ダメージは計り知れない。

やーめたw

松山行って、温泉入って、泊まって、明日帰ろうっとw

つうわけで、一路松山へ。

道後温泉の夜を楽しむことにした。

Dsc00168 うわーピンぼけしてる(;^_^A アセアセ…

ま、いっかw

道後温泉の建物である。

築ウン百年(忘れたw)の建物。

中身は公衆浴場である。

部屋借り、席借り、風呂のみの3種類があり、席借り以上は、専用のお風呂に入れる。

霊(たま)の湯、神の湯と2種類の温泉がある。

無論黒猫は霊の湯である。風呂入って終わり、ってわけだ。

(参照:道後温泉本館 探検帳

ちなみにここには皇族専用の湯殿もある。

入らせてはもらえないが(当然だ)、見学はできる。

Dsc00169 人力車である。

どこをどう廻るのかは知らない。

一度乗ってみたい。

ピンぼけにはしらんふりw

Dsc00170 路面電車、道後温泉駅の真ん前にあるからくり時計です。

時間があえば、人形が出てきて演奏します。

一度見たことあるんだけど、今回は時間が合いませんでした。

ところで、最近気づいたんですが、縦の写真はクリックしても全部は見れないようです。

縦の写真を細部まで見るには、写真の上で右クリックして、「リンクを新しいウィンドウで開く」を選択して下さい。

画面より大きな写真が出ます。

風呂に入れば、後は当然飲みに行く。

ホテルで聞いた居酒屋を探し、そちらへ行った。

いい値してまますね、この店は。

うまいけどねぇ…さざえの壺焼き、とらはぜの唐揚げ、キスの天ぷら、ホタテのバター焼き、冷や奴等を頼み、生中を飲んだ。うまかった(^^)

Dsc00171 お薦めはこれ、「とらはぜの唐揚げ」

身と骨を別にし、骨まで揚げてある。

頭からバリバリ食えて、大変おいしゅうございましたw

けど、飲み足りない。

黒猫は次の居酒屋を探しに、夜の町に消えていくのであった…

ああ、道後温泉の夜は更けていく…w

----------------------------------------------------

Dsc00172 次の日の朝、再び道後温泉に浸かった後、路面電車の後を追いかけ回したりしましたが、そのまま帰りました。

というわけで9日目はありません。

まーた、宇和島市まで行かなきゃ(ノヘ;)シクシク..

おっと、その前に1番札所へ行って、新しい納経帳買わなきゃね。

次は冬を予定しています。

はたして、いつ八十八カ所すべて廻れるのか、それは黒猫にもわからないw

It can wait for the visit of winter.

番外編 「史跡 朝鮮国女の墓」に続きます。

人気ブログランキングへ ← 2泊3日もかけて何やってんだよ!しかもまだ続くのかよ!と突っ込みを入れつつ、クリックして待て!(なんてねw)

|

« 「同行二人」 8日目 その① | トップページ | 同行二人番外「史跡 朝鮮国女の墓」 »

コメント

ついに愛媛ですね!懐かしゅう拝見いたしました。現在、愛知在住ですが、10月に2週間愛媛に帰省する事にしました。家族は東京住まいなので、一人で愛媛で癒されてこようと思ってます。伊予鉄高島屋前の『ミュンヘン』のから揚げとビール、一押しなので機会あれば召し上がってみてください。(安くてうまい)

投稿: 月 | 2006/08/28 01:48

月さんへ

先に言っておいてくれたら、「ミュンヘン」とやらに行けたのに(笑)

月さんの実家の近所は次回に行くことになります。
いつ行くか、決まったら書いておきましょうか?w

愛知在住ですか。私は学生時代に名古屋に住んでたんですよ。
また遊びに行きたいな。

投稿: blackcat | 2006/08/29 20:14

40代後半の私、黒猫さんのブログきっかけで、道後温泉本館に行って参りました!妹もそこから車で6分の所に住んでいながら道後の湯に入った事がないというお馬鹿な姉妹、ふたりして早起きし6時の1番風呂に入ってきました。お肌ツルツル~今までなんで行かなかったのかなと反省。お昼は、ミュンヘン唐上げを堪能し愛知に帰って来ました。ふるさとはいいもんです!

投稿: 月 | 2006/10/25 23:36

道後の湯は朝湯が最高ですよ。
何よりお湯が綺麗w
次に行く時はミュンヘン唐揚げを目指していきますw

投稿: blackcat | 2006/10/26 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/11632797

この記事へのトラックバック一覧です: 「同行二人」 8日目 その②:

« 「同行二人」 8日目 その① | トップページ | 同行二人番外「史跡 朝鮮国女の墓」 »