« 「同行二人」 7日目 | トップページ | 「同行二人」 8日目 その② »

2006/08/25

「同行二人」 8日目 その①

  朝7時に目覚ましで目が覚める。

んー、いい朝だ。

今日もたっぷりと走ろうと、気合いを入れ直す。

しかし、この時点ではまだ今回最大の問題に気づいてなかった…いや、気づきたくなかったと言うべきか。

このホテルに朝食はない。身支度をして、8時過ぎにホテルを出る。

さあ、行くぜ、足摺岬!(このフレーズ何回目かなぁw)

四万十市中心部からナビは60キロ程だと言っている。

ナビ通りに走る、と、とんでもない所を走らされる。

山道きついよーせまいよー落ちたら死ぬよー、と泣き言を言いながらひたすら走る。

延々山道を進み、ようやく海岸沿いの広い道に出た時は、本当に嬉しかった(^^)

思わず道ばたに止めて、写真なぞを撮ったりする。

Dsc00148 なかなか綺麗である。

気持ちいい。

さらに走り続ける気力が湧いてきたw

で、ようやく到着。

途中でお遍路さんの接待所が何カ所かあり、思わず休憩しようかと思ったが、徒歩の遍路さん用なので我慢するw

どこかで接待所の写真を撮ろうと思いながら、その後見あたらず、断念w

第38番 蹉蛇山 足摺山 金剛福寺

ようやく着いた。山の名前の読み方は分からないw

ここでは足摺岬を観光していこうと思うが、先にお寺に参る。そのために来てるんだしね。

Dsc00149 山門の風景。

特に言うこともないw

門の中では寄進を呼びかけており、敷石1枚1000円で名前を書いてくれとかあった。お金を払って名前を書くと、その敷石を敷いてくれるらしい。敷石だと思うが自信はない。

子どもがおじいちゃんと一緒に名前を書いてました。無論黒猫は微笑ましく見守るだけで、寄進はしないw

Dsc00150_1境内の風景。

ここも工事中であり、見回ろうという気が起きない。

参拝をすまし、そのまま足摺岬へと向かった。

-----------------------------------------

番外 足摺岬観光

Dsc00151

最初に出迎えてくれるのは「ジョン万次郎」の銅像である。

「中浜万次郎」と像には書いてますが、「ジョン万次郎」の方が有名でしょう。

手前のカラフルなバイクは黒猫とは無関係ですw

ここ足摺岬は四国最南端の地と書いてあったが、一般の人には興味ないことだろうと思い、無視する。

Dsc00152

展望台から見た白灯台。

天気がいいので眺めもいい。

で、こちらは右側(方角なぞわからんw)

20060823095603 皆様、左手をご覧くださいませ。

こちらが有名な自殺の名所「足摺岬」でございます。

飛び込むとまず助からないので注意して下さいませ。

近くにいた観光客の1人が、

「覗き込んだら、人が5~6人見つかるやろ」

とか言ってました。

私は見たくないなぁ。

で、足摺岬は公園になっており、弘法大師の修行場だったということで縁のものもある。

全部廻る気は起きないが、いくつか見て回った。

その中で気になったのが、足摺七不思議!

Dsc00153 これはそのひとつ。「地獄の穴」

お寺と関係あると思えない名称であるw

当然穴を見に行く。

Dsc00154

これが「地獄の穴」だ!

なんと金剛福寺と繋がっていて、お賽銭をいれるといい音がするという。

入れてみる。

「ちゃりーん」

あれ?

Dsc00155 なんやこれ。

穴ふさがっとるやないの!

騙されたw

その後も弘法大師が岩に爪で「南無阿弥陀仏」と書いたという石(私には読めなかったw)や、1晩で鳥居を建てようとしたが、邪魔されてできなかった場所(1晩建立ならずの鳥居とかいう名前だった)、というのを見るが、7つ全部は見つからない。

暑いし、88カ所巡るのが目的だし、腹は減ってきたし、でいい加減で観光をやめる。

冷たいうどんが食いたくなったが、さぬき人の意地として、他県でうどんは食いたくないw

ざるそばを食って立ち去った。

え、ざるそばの味?

聞かないでくれw

-------------------------------------------

第39番 赤亀山 延光寺

Dsc00156 ここは高知県最後のお寺である。

さきの2つに比べると大変走りやすいw

来る途中、ナビが来た道引き返せと何回も言ってきたが、もう一度あの山道を走るのが嫌で無視したw

別に広くて走りやすい道があるんだから、いいじゃないか、遠回りでもw

Dsc00157

山の名前の通り、山門の中に入るとまず蛙さんのお出迎えである。

赤いよだれかけをした蛙。

光の関係で見づらいが、別に黒猫の写真の腕前とは関係ない、と言い張ってみるw

Dsc00158 本堂である。

そういや、本堂と言ったり、本殿と言ったり、ご本尊と言ったり、まぎらわしいかも。

ま、気にしないで下さいw

Dsc00159 目洗い地蔵と書いてあった。

たぶん眼病に効くのだと思う。

地蔵さんの目が潰れているのが痛々しい。

これで目が良くならないかなぁ、と願い、黒猫はここで目を洗った。

黒猫の視力はかなり悪いのである。

Dsc00161 樹齢500年の天然記念物「いぶき」

これは見ておかねば。

いや、写真を撮らねばw

Dsc00160 これがそうである。

なかなかに立派だ。

しかし、建物がぐるりと囲っているのがいただけない。

せっかくだから広い場所にあればいいのに。

ひょっとして、いや位置的に邪魔なんだろうな、と感じた。

これで高知県は終わりである。

実に8日間かけて、徳島・高知が終わったわけだ。

とてもペースが遅いw

が旅行気分の黒猫はそんなこと気にしない。

さーて、愛媛県宇和島市まで行くとしますか。

8日目その②へ続く。

人気ブログランキングへ ← 今回最大の問題とは何なのか!気になる人も気にならない人もクリックして続きを待て!(待ってくれると嬉しいなw)

|

« 「同行二人」 7日目 | トップページ | 「同行二人」 8日目 その② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141417/11602878

この記事へのトラックバック一覧です: 「同行二人」 8日目 その①:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006/08/30 18:45

« 「同行二人」 7日目 | トップページ | 「同行二人」 8日目 その② »