2006/10/22

在日朝鮮人について聞いてきました 第1.5回 在日問題のさわりだけ

前回のエントリーをあげてから気づいた事がある。

このページを見てくれる人は当然いわゆる「在日問題」について知っているはずだと、思いこんでいたことに。

これはいかん。知らない人が見ても分かるように、が基本方針なのに、もし知らないまま読んだりしたら、黒猫は「在日」を差別している、とか思われてるかもしれない。

というわけで、ごく簡単に在日問題をあげてみる。

最初からやると、数十エントリーができそうな問題なので、今まで避けていたが、そうもいかないだろう。本当に問題点だけをあげてみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

在日とは、一般的には「在日外国人」のことを意味するのだが、ネット上では「在日」=「大戦後日本に住み着いた朝鮮人(韓国籍・北朝鮮籍問わず)」を指す場合が多い。

問題1 来歴

日韓併合後、戦時徴用で日本に来た朝鮮人もごく僅かに存在するらしいが、そのほとんどは故郷を捨てて日本に移住してきた者である。併合時に来た者、朝鮮半島が日本からGHQの管轄に移った後来た者、朝鮮戦争時に逃げ出してきた者がそのほとんどである。

さらにニューカマーと呼ばれる朝鮮半島から日本に住む親戚を頼って来て、日本に住み着いている者もいる。

ここで問題になるのが、彼らの大多数が「大戦中に強制連行された」と主張していることである。

この嘘について、書き始めると、とんでもないことになるのでやらないが、「強制連行は嘘であった」ことだけは知っていて欲しい。

戦時徴用は245人であったとかつて新聞記事にもなっている。あの「ちょうにち」新聞が報じているのである。

参照 強制連行されたと言っている朝鮮人の99.999%はウソ by worldwalker's weblog (・∀・)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題2 在日朝鮮人の終戦直後の犯罪(マイナスイメージの原因)

終戦直後、朝鮮人は自らを戦勝国民と呼び、戦争にかり出されて男手の少ない日本でやりたい放題を繰り返しました。土地の占領に強盗・強姦・殺人何でもござれで、未だに登記上は日本人の土地なのに在日朝鮮人が支配している土地も多いそうです。

worldwalker's weblog (・∀・)!さんの方で犯罪についてまとめてくれていますので、参照してください。

参照 アイゴー、戦後のイルボンでウリたちの印象が急降下 ↓ ニカ? <`∀´>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題3 在日特権

① 通名の使用 

通称名と言ったらいいだろうか。自分勝手に名乗る事ができ、なおかつ何度も変える事ができる。さらに日本人には認められない「通明で公的書類にも使用でき、預金通帳の作成も可能」である。

在日朝鮮人が犯罪を犯した場合、マスコミは通名のみを報道する事が多い。在日犯罪者の本名を放送する事は「朝鮮人への差別だ!」と主張する大学教授も存在する。

参照 大阪市立大学朴一教授「犯罪犯した在日は日本名(通名)で」 by East Asia News Watch

② 両国間の自由通行権

祖国(韓国・北朝鮮)へ自由に行き来する事ができる。

「再入国許可書」ってのが必要らしいですが、格別な事情がない限り発給されるようです。そういや、ミサイル発射後、ニュースがありましたね。

参照 北朝鮮へ一時帰国許可保留 by 中日新聞

③ 特別永住資格

外国籍でありながら職業の選択や財産の形成に関しての制約はない。

④ 日本国籍の取得

外国人が日本国籍を取得することは非常に困難である。しかし在日コリアンはきわめて緩やかな条件でこれを取得可能といわれており、申請さえすればほぼ確実に認められている。また、北朝鮮籍と韓国籍への異動もほぼ自由である。

⑤ 公務員への登用

日本では中国・韓国籍の者に対し公務就任権を与えている。他国の者は地方公務員とはいえ就職できないのに、できる。が、上級職にはなれない。

この「国籍条項」に関して裁判所に訴えた在日朝鮮人もいる。

参照 ●外国人は、公務員の管理職にはなれませんと最高裁判決。 by NEWS @ POO

    国籍理由に受験拒否は合憲…都管理職試験訴訟で最高裁 by 鄭(チョン)様非公式ファンクラブ

⑥ プロスポーツの在日枠

Jリーグでは、外国人枠以外に在日枠が存在しており、外国人枠以外に在日枠として条件を満たす外国籍の者を1名登録することが出来る。

⑦ 教育面での優遇

・センター試験で外国語科目に「韓国語」が無いのは、差別との在日朝鮮人(北朝鮮籍、韓国籍)からの訴えから、外国語科目として認められた。

・日本の学校法人の認定を受けていない、朝鮮学校への補助金交付。

・朝鮮学校に通う児童の保護者に対し、補助金が支出されている 。

⑧ 朝鮮総連施設への減免税特権

朝鮮総連は在外公館に準ずるとして、朝鮮総連施設および関連施設に対し、固定資産税の全額免除もしくは一部免除などが行われている。

国税庁と朝鮮総連との間にはいわゆる「五項目合意」が存在すると言われている。

 一、朝鮮商工人の税金問題は朝鮮商工会と協議して解決する。

 二、定期定額の商工団体の会費は損金として認める。

 三、学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。

 四、経済活動のための第三国への旅行の費用は損金として認める。

 五、裁判中の諸案件は協議して解決する。

⑨ 民団関連施設への減免税特権

朝鮮総連施設同様、地方自治体から課税免除などが与えられている。

⑩ その他(金銭面での優遇等

[地方税] 固定資産税の減免
[特別区] 民税・都民税の非課税
[特別区] 軽自動車税の減免
[年 金] 国民年金保険料の免除

        心身障害者扶養年金掛金の減免
[都営住宅] 共益費の免除住宅
         入居保証金の減免または徴収猶予
[水 道]  基本料金の免除
[下水道] 基本料金の免除
       水洗便所設備助成金の交付
[放 送] 放送受信料の免除
[交 通] 都営交通無料乗車券の交付 JR通勤定期券の割引
[清 掃] ごみ容器の無料貸与
      廃棄物処理手数料の免除
[衛 生] 保健所使用料・手数料の滅免
[教 育] 都立高等学校
      高等専門学校の授業料の免除
[生活保護] 家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 在日コリアンは、ほぼ無条件で貰えます。
          日本人は孤児だろうと病気だろうと、絶対に貰えない。
        予算枠の大半を、人口比率1%未満に過ぎない在日が独占。
        ニートは問題になっても、この特例は問題視されない。
[住民票]  「外国人登録原票」は通常、一般人では閲覧できない。 (日本人の場合、債権関係の係争で住民票を閲覧される)
「生活保護予算の大半は在日だけの特権保護費」

真偽は私には不明なんですが、ネット上ではこのように金銭面で優遇されていると出ています。

参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%89%B9%E6%A8%A9 by Wikipedia

     これは本当ですか??  by 韓流から我に返る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うおお、まだまだ問題は出てくる(x。x)゜゜゜

他にも「選挙権の請求」や何かあれば「集団抗議運動」、「マスコミの擁護」、「朝鮮学校での反日教育」、「戦時中の賠償請求」等々山程出てきますが、今回は断念。

一番の問題はこれだけ特権を持っていながら、「まだ足りない。もっと権利をよこせ」と叫ぶ在日朝鮮人の団体が存在する事。

強制連行などの捏造を未だに吹聴し、被害者ぶって、日本を糾弾し、権利の拡大を図ろうとする態度が、ネット内で暴かれ、嫌われているのです。

日本国内にあって日本人より遙かに優遇されている。これは日本が在日朝鮮人以外の外国人を差別していると言われても仕方のない現象です。

これだけ特権を持っている在日朝鮮人が、さらに要求し続けている事をどう思いますか?

共生なぞする気はなく、寄生しているだけだと言われる所以です。

最後にこれを紹介しておきます。

http://www.mindan.org/min/min_reki31.php#2

在日本大韓民国民団の綱領

・大韓民国の国是を遵守する
在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します。

・在日同胞の権益を擁護する
在日韓国人の法的、政治的、社会的権益を擁護し、日本社会と日本政府の差別政策を是正していきます。

・在日同胞の経済発展をめざす
在日韓国人の生活土台である、同胞経済を発展させるために、商工会議所、信用組合などの育成・強化していきます。

・在日同胞の文化向上を図る
民族的主体性の確立へ、民族教育、民族文化を発展させ、日本文化の発展にも寄与していきます。

・世界平和と国際親善を図る
日本人と日本社会で共生共栄を実現し、海外韓民族とも紐帯を深め、国際化時代に能動的に対処する親善活動を強化していきます。

日本国内に暮らし永住権を持ちながら、日本国憲法及び日本の国内法を遵守するという宣言がありません。

人気ブログランキングへ ← これに手を出すと収集がつかないんだけどなぁ…と思っている黒猫に応援を♪

| | コメント (35) | トラックバック (5)

2006/04/30

竹島問題!②歴史~江戸時代~

日本の文献において、初めて竹島が記されたのは「隠州視聴合紀」という寛文七年(1667年)に出版されたものだそうです。

調べてみると、(財)韓国文化研究振興財団が発行している「青丘学術論集 第25集」に一部掲載されています。(参照

Insyusityougouki_4   

訳そうと思ったけど、無理でしたw

参照から引くと「(隠岐国から)戍と亥の方角(北西方向)へ2日1夜行くと松島あり。さらに1日ほど行くと竹島がある。俗に磯竹島と言う。竹、魚、海鹿多し。この2島は人無き地、高麗を見ること、雲州より隠岐を望むがごとし。 そうであるならすなわち、日本の北西の地はこの州をもって限りとす」とあります。

この文からすると、「松島」が現在の竹島であり、「竹島」が欝陵島であると思われます。というか日本の学説ではこれが定説のようですね。

鬱陵島までが日本の領土であると記されてるのが興味深いですw

この文献に対する解釈もいろいろあるようですが省きます。多すぎるし、真面目に研究してるサイト様の丸映しになりかねませんからw

さて、その後幕府からの許可を得て、村川家、大谷家(鳥取藩の町人)が竹島(現在の鬱陵島)近辺で漁をし、測量だの何だのしている時に朝鮮人と出会い、外交問題となっていきます。

徳川幕府と李氏朝鮮の交渉の結果、幕府は元禄九年(1696年)に竹島(現在の鬱陵島)への渡海を禁止する事を決定し、鳥取藩に指示、対馬藩から朝鮮側にも伝えています。

竹島(鬱陵島)の所有権は放棄し、渡航を禁止した、というわけですね。しかし松島(現在の竹島)は日本領土であり、渡航許可を出していました。

この朝鮮人との出会いから渡航禁止までの処置を巡る一件を「竹島一件」と言うそうです。

会津屋八右衛門の竹島密貿易事件(1836年)という事件があり、松島(現・竹島)へ行くと偽って竹島(現・鬱陵島)へ行き、朝鮮相手に密貿易をしていたことが発覚し、死罪を命じられた、という事件です。

このことからも幕府は松島(現・竹島)への渡航を禁止して無かったことがわかります。

この後は江戸時代の終わりまで、問題は起っておらず、松島(現・竹島)は日本領として扱われていました。

日本が実行支配していた証として、詳細な地図もあります。

Cja083350011

1837年の地図だそうです。

Take5_3    1724年の地図です。

しっかりと竹島(現・鬱陵島)と松島(現・竹島)が記されています。

今回全面的にTron Talker 徒論のサイトを参照させていただきました。

私は最低限の内容しか書いてませんので、詳しく知りたい方は徒論さんのサイトをご覧下さい。

「竹島一件」については『ウィキペディア(Wikipedia)』にも詳細な記述があり、参照させてもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/27

竹島問題!①竹島ってどこ?

前回、盧武鉉大統領のエントリーを書いた後に気づきました。

ひょっとして、このブログを読んで初めて竹島問題を知った方がいるのではないか、と。

竹島問題を知っていても、詳しく知っていない人がいるのではないか、と。

私もまだ勉強中なんですが、復習の意味もあり、書いてみたいと思います。

① 竹島ってどこ?

竹島(独島)は北緯37度14分、東経131度52分に位置します。

こう書いても分かりませんねw

Shimane_gokovill_takeshima_4 

縮尺がないので位置がわかりにくいですね。

竹島(独島)への距離は、島根県の松江からは220km、

朝鮮半島の蔚珍からは東方へ215kmの距離があります。

鬱陵島からは、東南の方角へ約92kmkになります。

Maptake

 

Sei0601

K094_1_2

 

写真は貼付するのが難しいですw

現・竹島(韓国名:独島)は二つの大きな島から構成され、それぞれの面積は以下の通り。

  面積  187,453 ㎡  (東島 73,297m2, 西島 88,639m2, 付属島 25,517m2)

小さいです。

人が住めるような島ではありません。

けれど、これが領土ということになれば、領海が加えられるため、重要になります。

Ryokai_setsuzoku2_5   


日本の主張する現在の領海です。北方領土が途切れてるのが残念です。

で、韓国が勝手に主張した「李承晩ライン」です。

Zu02602_3「李承晩ライン」については、次回以降に説明しますが、竹島が完全に含まれてます。

このことが竹島問題の発端であり、すべての元凶です。   

次回からは歴史について、まとめていこうと思ってます。

いろんなサイトで竹島問題は取り上げられてるので、私なりにわかりやすくやっていきたいと思ってます。

    

| | コメント (0) | トラックバック (1)